副鼻腔炎 症状

種類別の副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎にはいくつかの種類がありますが、ここでは、それぞれのタイプの副鼻腔炎の症状について詳しくご紹介します。

ご自分の症状を照らし合わせていただき、治療にお役立てください。


急性副鼻腔炎の症状


・炎症を起こした副鼻腔に疼痛、圧痛、腫れがみられる
・目の下の痛み、目の奥、両眼の痛み
・歯痛、頭痛
・頭が割れるような激しい痛みが額に起こる
・頭の前後に痛みを感じる
・鼻から黄色や緑色の膿が出る
・症状が悪化し、炎症が広範囲にわたると、発熱や悪寒も起こる
・視覚の異常や目の周囲の腫れが見られることもあり、失明の危険性もある

慢性副鼻腔炎の症状


・急性副鼻腔炎に比べ、痛みが軽い
・鼻詰まり
・鼻の充血
・鼻汁が喉まで回る
・黄色や緑色の鼻汁がでる
・嗅覚の低下
・全身の倦怠感

アレルギー性真菌性副鼻腔炎の症状


・副鼻腔の痛み、圧迫感
・鼻水、鼻詰まり
・片側に発症し、多発性ポリープである
・鼻や副鼻腔に重度の炎症を起こす
・喘息合併も多い


いずれの症状も、できるだけ早い段階で専門医の診断を受け、早期治療を受けることによって、鼻の不快な症状を効果的に改善することができますので、これらの症状をお持ちの方は、受診して下さい。
急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性真菌性副鼻腔炎の、それぞれの症状についてご紹介いたしいます。