急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎について

副鼻腔炎には、いくつかの種類があることをご存知でしょうか?

ここでは、副鼻腔炎の中でも特に、急性副鼻腔炎についてご説明したいと思います。


副鼻腔炎は、毎年1000万人以上が発症すると言われており、大勢の方がその症状で苦しんでいることと思います。

副鼻腔炎は、副鼻腔が炎症を起こした状態です。
副鼻腔とは、鼻の周囲にある空洞で、大きさや形は様々です。
左右のまゆのすぐ上や、頬骨の中、鼻腔の両側などにあります。


副鼻腔炎の一つである急性副鼻腔炎は、短期間に進行する副鼻腔炎で、様々な細菌によって、急性の炎症が引き起こされた結果起こります。

急性副鼻腔炎は、鼻の開口部に閉塞が生じた後によく起こるのですが、風邪などのウィルス感染が原因で起こります。
つまり、いわゆる風邪をひいたときに起こる鼻詰まりですね。

風邪を引くと、鼻の中の粘膜が腫れ、副鼻腔の開口部がふさがりやすくなり、これによって内部の圧力が低下し、痛みが生じます。
これによって、副鼻腔内に分泌液がたまり、さらにその分泌液が細菌を繁殖させ、その細菌をやっつけるために白血球が増えることによって、分泌液を増加させてしまい、痛みを悪化させてしまいます。


急性副鼻腔炎は、風邪などのウィルス感染だけでなく、肺炎球菌、ブドウ球菌などの最近の他に、潜水や飛行機に乗ることによって、急激に副鼻腔内の気圧が変化することによっても起こります。
また、外傷が原因で引き起こされることもあります。


急性副鼻腔炎は、病気や疲労で体の抵抗力が低下している時に発症しやすいので、そういう場合は特に気をつけましょう。
副鼻腔炎には、いくつかの種類があります。ここでは、毎年1000万人以上が発症すると言われている、急性副鼻腔炎についてご説明したいと思います。