副鼻腔炎 漢方薬

漢方薬による治療

漢方薬による治療は、様々な病気の改善のために行われていますが、副鼻腔炎も例外ではありません。

ここでは、漢方薬による副鼻腔炎の治療法についてご紹介します。


漢方薬は、数えきれないほどたくさんの種類があり、病気や症状、体質などに合わせて処方してもらえますので、効果的に症状を改善することができます。

症状や体質、程度などは、人によって異なるため、同じ漢方薬でも、ある人には効果があっても、ある人には効果がないこともあります。
そのため、薬剤師や医師と相談のうえ、処方してもらう必要があります。

漢方薬は、市販されているものもありますが、症状などは人によって異なるため、やはり専門医に相談のうえ、服用するのが良いと思います。

また、症状を抑えるだけの薬とは違い、体質から改善することが可能なので、対症療法ではなく、根治治療も可能です。
さらに、副作用の心配がほとんどないので、小さい子供から年配の方まで服用することができます。

ここで、漢方薬による治療のメリットをご紹介します。

漢方薬治療のメリット


・抗生物質を長期間飲む必要がない

・自宅で自分で行うことができるので、病院に行かなくて済む

・副鼻腔炎とアレルギー性鼻炎、花粉症などの症状を併発している方にも有効である

・副作用がない

・即効性も期待できる

・耳鼻咽喉科の治療や薬との併用も可能である(医師と相談のうえ)


次に、どのような漢方薬が副鼻腔炎に効果があるのか、簡単にご紹介しておきます。

副鼻腔炎に効果がある漢方薬


・葛根湯・・・鼻の粘膜の炎症を抑える効果がある

・葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)・・・慢性副鼻腔炎の鼻詰まりに効果がある

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・・・慢性副鼻腔炎によるのぼせなどに効果がある

・柴葛湯加川きゅう辛夷(さいかつとうかせんきゅうしんい)・・・慢性副鼻腔炎の諸症状に効果がある

この他にも、たくさんの種類の漢方薬が、副鼻腔炎の治療に使われます。

副鼻腔炎の不快な症状でお悩みの方で、病院に行く時間がない方は、いちど漢方薬に詳しい薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか?
病院でも漢方薬は処方してもらえますので、体質から改善したい方は、専門医に相談するのも良いと思います。
抗生物質を長期間飲む必要がなく、副作用もない、漢方薬による副鼻腔炎の治療法についてご紹介します。