副鼻腔炎 プレッツ置換法

プレッツ置換法について

副鼻腔炎では、局所療法によって治療することがありますが、この局所療法にはいくつかの方法があります。

ここでは、局所療法の一つである「プレッツ置換法」をご紹介します。


副鼻腔にたまった膿を取り除くために、吸引することがありますが、副鼻腔の膿は粘りが強いため、吸引しても取り除けないことがあります。
また、量が多い場合は、取り除けたとしても全ては取り除くことができないこともあります。
そんな場合に使われるのが、「プレッツ置換法」です。

では、この「プレッツ置換法」はどのように行われるのかご説明します。

プレッツ置換法の手順


・鼻腔内を綺麗に吸引する

・仰向けになって頭を後ろにそらせる

・温度を調節した薬液や生理食塩水を鼻に流す

・片方の鼻の穴をふさいで、もう片方に吸引器具をあてる

・「アー」と声を出しながら吸引することによって、鼻腔内の空気が吸い出され、鼻の中の空気圧が低下する

・吸引をやめて鼻のふさぎをやめると、空気圧が戻り、薬液が副鼻腔に吸い込まれる

・これを繰り返すことによって、副鼻腔内にたまった膿が柔らかくなる

・柔らかくなった膿は、薬液と一緒に吸い出される


「プレッツ置換法」は、治療中に耳が痛くなることもあります。
そいう点を理解した上で、治療を受けるようにしてください。
副鼻腔にたまった膿がなかなか取り除けない、量が多く全ての取り除けない場合に使われるのが、いくつかある局所療法の一つ「プレッツ置換法」です。どのように治療が行われるのかをご紹介いたします。